タグ別アーカイブ: うずら

【GAMIN】Today’s オススメの一皿 / vol.634

恵比寿本店「オー・ギャマン・ド・トキオ」から
本日のおススメ料理をご紹介します。

"ポルチーニ茸とデストロイヤー芋のソテー、

うずらモモ肉のコンフィ添え、フォレスティエール風"

フォレスティエールとはフランス語で「木こり風」の意味があります。
もともとは森で取れたきのこと芋のお料理ですが、
今回のギャマンはきのこの“王様”と呼ばれる
フレッシュポルチーニ茸を使いました。

北海道産の甘みが強くコクのあるデストロイヤー芋と一緒に、
ニンニクで香ばしくソテーし、
上から表面をパリッと焼き上げたうずらモモ肉のコンフィを乗せています!

是非、この秋でしか味わえないお料理をお召し上がっていただきたいです!

連日の満席でなかなか席が取れずご迷惑をおかけしおりますが、
明後日9月8日(日)以降人気のカウンター席はまだご用意可能です!

ギャマン ☎︎ 03−3444−4991

宮古島プライベートヴィラ『Grand Bleu Gamin』のweb予約受付中!
10月19日グランドオープン決定しました!
一日限定5室 プライベートプール付きの客室、レストラン、バー、スパを併設した
極上の空間を。

ご予約はこちらから
https://www.grand-bleu-gamin.com/m

【BLOCKS】本日のヒトサラ No.54

中目黒「ブロックス」からご紹介する本日のヒトサラは

"国産鶉「うずら」のロースト"

うずらの『卵』の美味しさは広く知られておりますが
実は『うずらそのもの』も食用肉として、人気があります。
肉の味は非常に淡白で、ほのかに野趣漂う独特の雰囲気を持つ肉質は
本場フランスでも1位、2位を争う人気のジビエ肉だそうです。

丁寧に処理されたうずらは「にんにく」と「ローズマリー」の
香りを纏わせながらじっくり※アロゼします。
(※アロゼとは≪水をまく≫の意
鶏から出た旨味と一緒に油をすくいあげ皮目にかける技法)

アロゼすることにより均一に火を入れ
皮目をパリッと焼き上げることが出来ます。

シンプルにマスタードで召し上がって頂きます。
お好みでレモンを絞り、酸味をアクセントにお楽しみください

オーダーが入ってから火入れを始めるので
少しお時間は頂きますが、ご満足頂ける一皿をお出し致します。
数に限りがございますので、お早めのご予約をお待ちしております。

◇お席情報◇
本日7/20(金)はライブ感を楽しみながら
お食事をご堪能いただけるお席がご案内できます。
2名様から最大10名様迄お座りいただける大きなテーブルです。
お気軽に店舗までお問合せ下さいませ。

 

ブロックス ☎︎ 03−5724−3461

【HANARE】ガレットをアレンジ☆

白金地下1階「ハナレ」
今日は
フランス北西部、ブルターニュ地方の郷土料理
そば粉のガレットを当店風にアレンジしました!

白子とヴァシュランモンドールを使ったソースを包み込み
うずらの目玉焼きを乗せて
仕上げにコンテを削って振りかけています。
そば粉のカリッとした食感と白子のプリッとした食感
モンドールの滑らかさとコンテの旨味が
絶妙にかけ合わされた一品です!

ガレットを専用の器具を使って
鉄板で焼く様子も見ていて楽しいので、
是非一度皆様にお召し上がり頂きたい一皿です!

 

ハナレ ☎︎ 03−5420−3501

【GAMIN】Today’s オススメの一皿 / vol.143

恵比寿本店「オー・ギャマン・ド・トキオ」
本日のオススメの一皿は
新しく仲間入りしたメインディッシュから
"うずらのファルシ エシャロット赤ワインソース"

うずらは、日本ではあまり馴染みがありませんが
フランスではとってもポピュラーな家禽(飼育されている鳥)。
『ファルシ』とは詰め物の事で、もも肉の骨以外を全て取り除き、
袋状になった身の中へ詰め物をしていきます。
当店では豚肉のミンチにたっぷりのフォアグラを合わせたものを
詰めて、焼き上げております。
ソースは、エシャロットを炒め、ポルト酒、マディラ酒、赤ワインを
ぐっと煮詰めて最後にバターでつないだエシャロット赤ワインソース。
ファルシと甘めなソースが
ややあっさりとしたうずらに深みを持たせてくれます。

今週も沢山のご予約、誠に有難うございます。
本日、そして明日(金曜日)と満席のご予約を頂いておりますが
土曜日でしたら人気のカウンター席が比較的スムーズにご案内可能です!
皆様の御来店を心よりお待ち申し上げます。

 

ギャマン ☎︎ 03ー3444−4991