タグ別アーカイブ: エスカルゴ

【GAMIN】ヴィンテージシャンパーニュのご案内

恵比寿本店「オー・ギャマン・ド・トキオ」から
本日は新入荷の"ヴィンテージシャンパーニュ"のご紹介です。

BRUT GRAND MILLESIME 2006 / GOSSET

シャンパーニュ地方で最も古いメゾンの一つであるゴッセ。
グラン・クリュ村の葡萄を使用し、
良年のみに造られるヴィンテージ・シャンパーニュ。
ゴッセらしい精妙な酸を活かした実にエレガントな造り。
瓶内熟成はおよそ7年にも及びます。
口に含むとリンゴや柑橘類を思わせる豊富な果実味に
蜂蜜や焼き菓子のニュアンスが層を成し、美しい熟成感を実現。

このシャンパーニュに合わせるおすすめのお料理は
「白貝のエスカルゴバターパン粉焼き」です。
漆喰のような白い貝殻である事から「皿貝」とも呼ばれる白貝。
エスカルゴバターとはニンニクとパセリを利かせたバターの事で、
白貝の上に乗せパン粉を振ってオープンで焼き上げます。
このバターの香りが食欲を増進させます!

連日の満席でなかなか席が取れずご迷惑をおかけしおりますが、
今週9月22(日)以降、人気のカウンター席はご案内可能です!

ギャマン ☎︎ 03−3444−4991

宮古島プライベートヴィラ『Grand Bleu Gamin』
12月からのweb予約を承っております。
一日限定5室 プライベートプール付きの客室
レストラン、バー、スパを併設した極上の空間を。

ご予約はこちらから
https://www.grand-bleu-gamin.com/

【GAMIN】Today’s オススメの一皿 / vol.482

恵比寿本店「オー・ギャマン・ド・トキオ」が
本日オススメする一皿は
"ポルチーニ茸とエスカルゴのラヴィオリ"

ラヴィオリは、パスタの一種です。
小麦粉を練って作った生地の間に
挽き肉やみじん切りにした野菜、チーズなどの食材を挟み
四角形に切り分けたものです。

カブを意味する『Rapa』が由来で
カブの薄切りにチーズをはさんだ中世の料理に似ていたことから
命名されたそうです。

当店では、エスカルゴを挟んだラヴィオリに
香ばしくソテーしたポルチーニ茸を添え
ポルチーニ茸を使ったクリームソースを合わせました。

濃厚なソースとエスカルゴのラヴィオリが
絶妙にマッチした一品です。

3月9日(土)以降は、人気のカウンター席がご用意できます!
店舗までお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

ギャマン ☎︎ 03−3444−4991

【GAMIN】Today’s オススメの一皿 / vol.453

恵比寿本店「オー・ギャマン・ド・トキオ」から
本日オススメする一皿は

"エスカルゴとポルチーニ茸のパイ包み"

エスカルゴはフランス語で「かたつむり」。

イタリア産の硬くしまった大きいポルチーニ茸と
エスカルゴをソテーしてパイ包みにしました。

ポルチーニ茸を使ったクリームソースでお召し上がり下さい。

サクサクのパイ生地に
濃厚なポルチーニ茸の相性はバッチリです!
是非お召し上がり下さいませ。

27日(日)以降は、人気のカウンター席がご案内出来ます。
お気軽に店舗までお問合せ下さい。

 

ギャマン ☎︎ 03−3444−4991

【GAMIN】Today’s オススメの一皿 / vol.421

恵比寿本店「オー・ギャマン・ド・トキオ」から
本日オススメする一皿は

"ポルチーニ茸とエスカルゴのオーブン焼き"

日増しに寒さが強くなってまいりました。
そんな冬にぴったりなグツグツオーブンで焼いたお料理のご紹介です!

フランス産のエスカルゴとフランス産のポルチーニ茸を
パセリとニンニクを効かせた「エスカルゴバター」仕立てに!
そのまま熱々のまま食べてもよし!バゲットに浸しながら食べるもよし!
心から温まるお料理に仕上げました。

熱々のエスカルゴとポルチーニ茸を是非お召し上がりください。

今週の5日(水)はまだ人気のカウンターのお席ご用意可能です。
是非お越し下さい!!

 

ギャマン ☎︎ 03−3444−4991