タグ別アーカイブ: 内もも肉

【GAMIN】Today’s オススメの一皿 / vol.510

恵比寿本店「オー・ギャマン・ド・トキオ」から
本日のオススメ料理のご紹介

"鹿児島県産A5ランク黒毛和牛シンタマと筍のラタトゥイユ"

シンタマとは、内もも肉と似た赤身の多い肉です。
きめが細かくやわらかで、たんぱく質を多く含んでいます。
他の部位に比べると脂肪が少ない部位です。

合わせるのは、春の食材筍を使ったラタトゥイユ!
ラタトゥイユは夏野菜を使う事が一般的ですが、
これに筍を加え春らしくアレンジしました。

是非ギャマンで季節の料理をお楽しみください!
連日の満席でなかなか席が取れずご迷惑をおかけしておりますが、
15日(月)、17日(水)人気のカウンター席ご用意可能です!

ご連絡おまちしております。

 

ギャマン ☎︎ 03−3444−4991

【GAMIN】Today’s オススメの一皿 / vol.375

恵比寿本店「オー・ギャマン・ド・トキオ」から
本日オススメする一皿は

"蝦夷鹿の内ももステーキ"

北海道に生息する『エゾシカ』をステーキにしました。
ジビエの時期の鹿は赤みでサッパリしています。

肉の火加減はレア。
内ももなので火を入れすぎても固いし
入れ無さすぎても柔らかくない・・・
火入れがとても難しく、その火入れ次第で味が決まります。

当店では、最高の火入れで
根セロリのピューレと栗のグラッセを添えてお出ししています。
季節を感じられる山の恵みの一皿、是非お召し上がり下さい!

来週10月7日(日)以降は
まだお席がご案内できますので、お気軽に店舗までお問い合わせ下さいませ。

 

ギャマン ☎︎ 03−3444−4991

【BLOCKS】本日のヒトサラ No.60

中目黒「ブロックス」からご紹介する本日のヒトサラは

"夏鹿のパテ・ド・カンパーニュ"

ジビエの本場であるヨーロッパでは
ジビエ料理の旬は一般的に晩秋から冬と言われていますが
「冬に備えて木の実を沢山食べて脂肪を蓄えたジビエシーズンの鹿」
に比べると
『春から夏にかけて新芽や若草を食べている夏鹿』
は、鹿特有の臭みが少なく、苦手な方でも召し上がりやすい肉質で
赤身が多く、さっぱりとした味わいです!

夏ジビエの醍醐味は「冷たくあっさりと頂く」こと。
鹿の「内もも肉」「背脂」「豚の首肉」「肩ロース」を混ぜ合わせ
網脂で包み、優しく火入れをしていきます。
ポイントは夏鹿のゴロっとした大きさ!

昨日ご紹介したロゼワイン
【 insolence アンソランス / ESTANDON エスタンドン 】
はもちろん、コクのある白ワインや軽めの赤ワインなどと
合わせて召し上がるのをオススメしております。

◇お席情報◇
 本日7/31(火)は満席のご予約を頂いておりますが
 8/1(水)~8/3(金)はまだお席のご案内が可能です。

そして
8/4(土)8/5(日)は当店の
"開店6周年記念パーティー"
を開催致します!!

皆様の日頃のご愛顧に感謝の気持ちを込めて
食べ放題!飲み放題!でおもてなしします。
是非、ご来店下さいませ☆

 

ブロックス ☎︎ 03−5724−3461